ブラックOKな街金を借りる前に、月々のお金を考えよう!

こんにちは。ブラックでも借りれる街金サイトでございます。

ブラックとなってしまったことで悩んでいる方は多いはずです。

ブラックとは、大手消費者金融や銀行、信販会社などでお金を借りられなくなってしまった、信用事故を起こしてしまった人物のことを指します。

急にお金を借りたくなった時、どこからも相手にされないことで自信喪失に陥ってしまう可能性がありますが、街金をはじめとしたブラックにやさしい金融機関であれば、ブラックであってもお金を貸してくれる可能性があるので、希望を捨ててはいけません。

ただ、お金をサラ金や街金、最悪の場合はヤミ金などで借りることは結構なことではありますが、問題があるので覚えておきましょう。

それが、月々にどれだけお金がかかっているのか、自分で把握しておくということです。

そんなこと、言われる必要は無いと思っている方は多いようですが、これが以外に分かっていない人が多く、そういった人が更なるブラックへと陥ります。

「あぁ、始まったうぜぇ…」ではなく、「ふむふむ…確かにそうっすね!」といった発想に変化できるように、きちんと覚えておきましょう。

例えば、Aさんは家賃が5万円の場アパートに住んでいるとします。

家賃が5万円で、通常の生活をしていれば光熱費は全て合わせて1万円程度です。

そして、携帯電話は今の時代はほとんどがスマートフォンでしょうし、そうでなくとも最低で5000円はかかってきます。

さらに、自宅でネットもするでしょうから、そこで5000円はかかります。

逆に、携帯電話しか使っていなければ、容量オーバーでプラス5000円ですので、結果的にも通信費用で1万円はかたいところです。

さらに、健康保険や年金で3万円は経費としてかかってきます。

また、さすがに切り詰めたとしても、1日1000円は食費に使用するでしょう。

また、誰とも会わずに暮らしているという人はいないため、交際費も会わせれば最低でも月に食費と交際費は5万円はかかってきます。

さて、こは最低限かかるだろう金額です。

全て計算していくと、およそ15万円です。

手取りが20万円あったとしても、残りは5万円か無いわけです。

そこに、2、3万円の返済を月々していくのですから、自分の欲しいものなどは殆ど購入できなくなります。

収入は人それぞれ違ってきます、車を有している人であれば、いきなりの車検やガソリン代も含まれるでしょう。

このギリギリの生活のなかで、きちんと返済をすることが可能という人が、街金でお金を借りてもやっていける人です。

現状の会計に満足せず、必ずこの計算をしてから、ここの街金に申込みを行ってください。

上手に街金を利用すれば、多重債務や債務整理などでブラックになったとしても、明るい生活が待っているのですから。